目の下のシミは早めのケアが鉄則!

目の下のシミ

頬骨の上から目尻の脇にかけての目の下は、にっくきシミの発生エリアです。
シミといっても様々な種類がありますが、目の下にできるシミで美白化粧品でのお手入れができるのは次の2種類です。

 

  • 紫外線や肌老化による形や大きさがまちまちなシミ。
  • 産後や更年期など、ホルモンバランスの乱れとともに左右対称にできる肝斑

出来てしまったシミ対策 美白化粧品は「早め」が鉄則!

美白化粧品の「美白」はシミの予防 今あるシミにはハイドロキノン

 

美白化粧品

世の中にいろいろある美白化粧品。

どれを選べば良いのか迷ってしまうだけではなく、「本当に効果があるの?」というのは、お悩みを抱える人に共通の疑問ですよね。

 

でも実は「美白」と名のつく基礎化粧品のほとんどが、シミの予防のためのもので、出来てしまったシミに働きかけるものではないというのは意外と知られていないことです。

 

ビタミンC誘導体やアルブチンといった美白成分は、シミの元となるメラニンを作り出すことを抑制してくれますが、今あるシミを薄くすることはあまり期待できません。

 

既に出来てしまったシミ対策にはハイドロキノンが現在のところ期待が大きい美白成分だと言われています。
ただし、ハイドロキノンは不安定で刺激が強めの成分であるため、安定したまま肌の奥の気になる部分に届けてくれる技術が使われたコスメを選ぶ必要があります。

 

目の下に出来てしまったシミにおすすめ 人気の美白化粧品

 

アンプルール

新安定型ハイドロキノンとハイドロキノン誘導体でシミを点と面で対策してくれる人気の美白シリーズ。
トライアルシリーズ購入後にリピ買いする人が多いのも、実感率の高さの証拠です。

 

価格: 1,890円 送料無料
内容: 化粧水、美容液、スポット美容液、美容液ゲル
その他: 次回のお買い物1,000円割引券

 

今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白a

ビーグレン

国際特許を取得したハイドロキノンを使い、今あるシミに働きかけるドクターズコスメ。
365日の返金保証がメーカーさんの自身の現れです。

 

価格: 1,944円 送料無料
内容: 化粧水、美容液、美白クリーム、保湿クリーム
その他: 365日返金保証つき

 

[b.glen]シミを消す!QuSomeホワイトセットs

シミ対策にはレーザーが最有力!自宅でレーザーケアが可能な唯一の美顔器

トリア

出来てしまったシミのケアとして最も有効なものとして知られるのは美容外科でのレーザー治療ではないでしょうか。
レーザー治療はエステでも行うことができないため、美容外科に行かなくてはなりません。

 

トリアは自宅でのレーザーケアを目的とした美顔器です。
美容外科で受けられるフラクショナルレーザーのレベルを1/3〜1/5程度まで下げることで、家庭でご自分での操作を可能にしました。

 

実はレーザーが使える美顔器として全世界で発売されるのはトリアだけなんです。
これは、トリアが特許を取得しているためです。

 

美容外科で受けるようなダウンタイムもなく、日頃のお手入れの一貫として利用できるため、外でお仕事をしている方でも赤みやかさぶたを心配することなく使用することができます。

 

1回10万円もするお手入れを何度も受けることを考えれば、トリアでのお手入れを考えてみるのも1つの方法です。

 

2週間お試しキットプレゼント中 【トリア・スキン エイジングケアレーザー】t

 

トリアtria


 

目の下のシミ、頬骨の周りのシミは早めのケアを

目の下のシミは早めのケアを

目の下、頬の一番高い部分やこめかみなど、頬骨の周りにできやすいのが、紫外線が原因でできるシミの特徴です。

35歳を過ぎたころから気になりはじめる方がグンと増えるシミですが、時間の経過と共に濃くなったり、シミの部分が多少盛り上がってきたりします。このようにシミが定着してしまうと、いくらハイドロキノンなどが入っていても、化粧品だけでシミを消すのは難しくなります。
そのため、シミができたら早めに専用クリームなどでケアすることが大切です。
(濃くなってしまったシミや輪郭がはっきりしてきてしまったシミはレーザー治療で消す方法があります。)
ターンオーバーとともにメラニンは排泄されるもの。でも、これがうまくいかないことでシミが生まれます。季節や天気によって差はあるものの、紫外線は基本的に一年中浴びています。そのため、肌の奥のメラニンは年中活動していることになります。
シミはできてしまってからあわててケアしようという方が多いですが、基本はシミを作らないようにすること。そのため、美白化粧品は夏だけではなく、1年を通して使うのがおすすめです。
また、肌の状態によって利用するコスメを決めるのも良いでしょう。乾燥が気になる季節は朝は保湿系の化粧品、就寝前に美白化粧品と使い分けてみたり、保湿化粧品にプラスしてスポット美白クリームでできてしまったシミ対策をするのもおすすめです。
ビタミンC誘導体はシミだけでなくたるみや小じわのケア、乾燥肌のケアにも適しています。


同時に、お肌のケアには内側からのアプローチも大切です。おすすめなのが乳酸菌。

腸内の乳酸菌を増やすことで、美肌環境をキープすることができます。
妊娠中OKの乳酸菌サプリなら、品質的にもおすすめです。)
化粧品や美顔器の効果がなかなか実感できない、という時は、内側からのケアにも目を向けてみましょう。


更新履歴